「ある種の“仕方なさ”が必要なんだと思う。
仕方がないから、どうしようもないから、って気持ちが
背中を押して、何とか前へ進んできている。
そんなことの延長線上に“今”がある。

東京バビロン演劇祭2017参加


「死んでないことくらい、見ればわかるでしょ? 
私は何もしてないわよ、眠っててって言ったの、
ただ眠ってて、眠っていてねって・・・」


stage_68062.jpg


作/構成/演出◎ 長堀博士
出演◎ 大畑麻衣子 植村せい 小林奈保子 
関大輔(EgofiLter) 瀬戸ゆりか

期間: 2017/07/20 (木)-2017/07/23 (日)
劇場: シアターバビロンの流れのほとりにて


タイムテーブル:
7月20日(木) 19:30
7月21日(金) 19:30
7月22日(土) 14:00/18:00
7月23日(木) 14:00
※開場は海淵の30分前を予定。
※劇場の前にはかなり高い確率で猫がいる可能性があります。

携帯からの予約はこちらをクリック!


上演時間:約1時間15分(休憩含む)を予定。
休憩時間:※途中、舞台転換のために休憩をはさむ予定です。

料金:
【一般】 前売 2,500円/当日 2,800円
【学生】 前売 2,200円/当日 2,500円
【楽園王はじめて割】前売のみ 2,200円
※フェスティバル通し券 6,800円有り


眠りについての作品はたくさん書いてきました。そして死についても。好んで上演してきた古典作品も、実はこの2つの要素が色濃く出ています。今回、改めて死と眠りについてを考え、新作、旧作、そして古典戯曲からの引用と3つの柱で、公演作品の屋台骨を支えています。3つの話は物語では大きく関係はしませんが、タイトルにもなっているテーマで一つの世界観を形作ります。面白い公演になりそうです。もし興味が引かれるテーマでしたら、ぜひお越しになってください。どうかよろしくお願い申し上げます。


また今回は、久しぶりに、王子神谷駅の「シアターバビロンの流れのほとりにて」にて公演をいたします。駅もマイナーだし(失礼!)、駅からも歩くので、知らない方、行ったことない方もいらっしゃる劇場だと思いますが、長い商店街を抜けて、それが住宅街になり、お寺の横を過ぎて辿り着く過程にも一種の演劇性があり、実は空間も広く、お客様にとってもとても面白い観劇体験ができる劇場がこの「シアターバビロンの流れのほとりにて」だと思っています。前に公演した時にもお客様からそんな感想をいただきました。それに、なんてったって名前がいい! 楽園王は過去にも劇場主催のフェスに呼んでいただいていて、今回もお声を掛けて下さり、バビロン3度目の公演になります。演劇祭の中でも特に良い公演にしたいと思いますので、どうかよろしくお願いいたします。ぜひお時間を空けてお越し下されば幸いです。


楽園王、今年は、4月の別役実『正午の伝説』フェスにて同作品、6月にはチェーホフフェスティバルにて『ワーニャ伯父さんMiNi』を上演し、そして7月には本作の公演になっていますので、本年3本目の公演になります。
続く8月には札幌で開催される「教文演劇フェスティバル短編演劇祭」にて長堀の新作短編『延長戦ガール』が上演。こちらはコンクールなので上位に入れれば嬉しいです。そして、9月には野方にある野方スタジオの一人芝居企画の中で一本、10月には初の海外公演の予定、11月にはその凱旋公演、あ、でもその前に? と、毎年の多作にて2017年も頑張らせていただきます。どうか26年目の楽園王も、よろしくお願いいたします。


  • ★出演者の紹介

1月14日生まれ

スライド1.JPG

スライド2.JPG

大畑麻衣子
麻衣子さんは1998年の「ALiCEの蔵書」から楽園王に参加をして、現在までにもっとも長くコンスタントに出演しています。一応、楽園王は劇団化をしていないカンパニーなのですが、とにかく彼女は長いので、彼女だけ他の劇団に出演する場合には、名前の後に(楽園王)をつけてもらっています。「ALiCEの蔵書」は実はダンサーだった彼女の役者としての初舞台にして初主演だった。そうか、来年には20年になるのですね。

誕生日: 1月14日  星座: やぎ座
自分とライバル関係にある星座:
牡羊座(同じ横長瞳孔仲間なのに、モコモコしてるってだけで可愛がられてる)
血液型: B型  出身地: 静岡県

ひとこと: バビロンは、王子神谷の駅から歩きます。結構歩きます。しかし!バビロンには、おもてなし部長(勝手に任命)の茶トラのにゃんこがいます。ながーく歩いた先に、もふもふが待っている!ので、頑張って辿り着いてください。お待ちしています。(なお、にゃんこは気まぐれなものなので会えなくても当方、責任は負いかねます。)


スライド3.JPG


6月14日生まれ

スライド8.JPG

スライド9.JPG

瀬戸ゆりか
長田君からの紹介で昨年の春頃のワークショップに出ていただいて、1年近く時間が経ち、今年に入り急に連絡をして、別役実「正午の伝説」に出ていただきました。上記の制服姿ですが、「正午の」での色鳥トヲカさんとのコンビは絶妙でした。二人とも本当に若いんです。楽園王の主軸年齢層からはかなり若い、僕に至っては親子ほどの差がありますが、んー、彼女の人柄か、あまり歳の差を感じさせないところもある。アングラをやる為に富山から出てきて、親への体裁でちゃんとした俳優座の研究生になったものの、嗜好は変わることなく、ドアングラではない楽園王としてはせめてアングラ方向の衣装にて活躍していただいただきたいと考えています。


6月14日生まれ、双子座、血液型はB型、
自分とライバル関係にある星座と血液型、双子座A型。
富山県出身。

はじめまして。楽園王への参加は2回目の瀬戸です。稽古始まっているのですがこの作品は、ふしぎな雰囲気があります。本番どうなるのかなぁとワクワクしながら稽古しています。内容は、突飛で大人で卑猥です。わたし的にです。ぜひご覧になってください。シアターバビロンの流れのほとりにて にて、お待ちしてます!! 次回は10月12~16日 劇団三日月湊に参加。


スライド10.JPG


6月26日生まれ

スライド5.JPG
関大輔(EgofiLter)
EgofiLterの主宰の関さん、劇作家であり、演出家でもある。作家としては社会派の作品も書いたりと勉強家なのではないかと思っている。最近ではハイエナ企画の作演もしていて今回の直前までそちらでも多忙。客演も多く、けっこう注目劇団に出られている気がします。僕にとっては関さんはEgo以前のたぶん演劇に係わるはじめた頃にイエロー・ドロップスに出られていた、という印象が残っている。今も落語を演劇化するユニットとして、おぼんろのさひがしさんもめぐみさんもイエ・ドロを続けていますが、昔、僕が脚本を書き下ろしたこともある普通の?小劇場演劇をやっていた頃の最後のほうのイエ・ドロのメンバーに関さんがいた。楽園王にも、実は、2014年頃楽園王の名前を再開した後からけっこうちょくちょく出ていただいていて、主力戦力、秘密兵器、大切な仲間なのです。

誕生日/6月29日  星座/蟹座
血液型/B型
自分とライバル関係にある星座と血液型(自己申告)/O型 乙女座
出身地/東京都

作品に対してや楽園王に対して、あるいは、現在進行形で演劇や舞台についてホットに感じていること/
(今回は上演作品が別役作品ではなくなってしまったのですが、実は別役さんの不条理の影響から書いた新作にでていただいていて、関さんのコメントはそのまま採用しています)別役実作品に出演するのは、1度目は学生時代の芝居を始めたばかりの頃でした。その頃今でも忘れない別役実さんの思い出があります。別役実作品の勉強の為に、私は新宿か何処かの劇場に足を運びました。当時の私には別役作品は難解で、閉幕後私は隣の席にいる友人に開口一番「なんか内容ないこと勿体ぶってごちゃごちゃ言ってると評論家に評価されたみたいな感じだな」と横柄に語りました。その時です。私の眼前にスポットライトが照らされたのは。そして間髪入れずに目の前に座っていた背広姿の男性がすっくと立ち上がりました。その男性が、別役実さんでした。あの頃より私は成長できているのでしょうか。
今後の出演予定/10月末・EgofiLter anotherworks 11 「でんせん」
スライド4.JPG


9月26日生まれ

スライド12.JPG
植村せい
せいさんは、2001年の楽園王十周年公演の作品「図書幻想」初演より楽園王に参加。でも実は、楽園王名義じゃなかったプロデュースの「深層の海辺」、その前には、せいさんが中心メンバーの一人だった「新劇団女王の館」に長堀が作、演出として参加した「プルラウンド」への出演、さらにその前には、某都立高校の高校演劇部時代の代表作「少女人形」にも出演しているから、えーと、とにかく長いです。18で知り合って、三十ウン年・・・

9月26日生まれ、天秤座。ネットで検索するとアイデアマンでロマンチストと書いてある。血液型はA型。東京出身。
スライド11.JPG


10月20日生まれ

スライド6.JPG
小林奈保子
初めて彼女を見たのは香辛料孤児に客演している時の大掛かりな芝居だったなぁと思い出されますが、その時は色っぽいお姉さんだった。でも楽園王ではなぜか高い確率で男扱いされています。2000年には楽園王に係わり、2001年の「図書幻想」初演では主役を務めた。以後、コンスタントに楽園王作品へと出演し続けてる。毎年出ているようなメンバーでは麻衣子さん、せいさんと共に最古参ということに。今回もこの3人で何度となく上演し続けてきた小品が中に入っているが、そういう場合にはたいてい奈保さんが主役ですね。

10月20日が誕生日。天秤座のO型。
一説によると優雅で気品溢れる、女性オーラ出まくりの星のもとにあるらしいけど、楽園王においては男のくくりらしい。確かに、フツウのお姉さんの役とか、すごく難しくて悩んじゃう。
敵?天秤座A型かな。でも同時にものすごい味方でもある。(自己申告)

芝居を始めたのは20才くらいだから、結構長い。でも、経験値はあんまりない。お笑い人情アクション芝居の劇団(現・グワイニャオン)と、楽園王。客演は2回だけ。
楽園王には2000年のメタファン4に初参加。そのあとも色々お世話になってます。はい。
楽園王で初めて真ん中っぽい役をやらせてもらえて、なかなか嬉しかったし、何より、長堀脚本のファンタジーがとにかく好きで好きで、隙あらば出演しようとしている次第。
意気込みー。髪型をちょっとだけ女の人っぽくしたので、フツウの女の人の役でもなんとか演れると思います。よろしくです。
スライド7.JPG