rakuenoh2021














楽園王は2021年、劇団創立30周年を迎えます。
あらためまして、これまで支えて下さった方には、心からの感謝を送ります。
ありがとうございました。
2021年、続いている新型コロナ禍の難しい時代ですが、
30年目の舞台演劇のカンパニーとして、
意欲を持って幾つかの公演を行います。必要な工夫も欠かさず。
ぜひ、お時間を作って劇場へお越しください。どうぞよろしくお願いいたします。




お手紙


「長く生きていると、昔の知り合いに「変わらないねぇ」と言われる機会が増える。これはきっと皆の話だ。年月がすべての人にこれを聞かせる。変わらないねぇ。「見た目」の話だろうか、少し話してからそう言われるなら「中身」の話だろうか。どちらにしても、そこで僕は足がトットッって突っかかる。それが劇団の話なら「楽園王変わらないねぇ」となる。実際言われる。楽園王変わらないねぇ。楽園王変わらないねぇ。これを書いてて、間もなく2021年。それを言われると、僕は心の中で少し焦って「いやいやちょっと待ってくれ、そ、そんなつもりじゃなかったんだ、次、次こそは」って言いたくなったりする。体温が上がって、汗だってそりゃ。もしもその人の「変わんないねぇ」が全面的に喜びの表現だったとしても、誉め言葉でも、「いや変われる、次こそ変わる」って衝動が沸き上がったりする。例えその「次こそ変わる」が、誰かからの「ああ変わってしまったぁ」「ダメになったぁ」「もう嫌いになったぁ」って言葉につながるとしてもだ。なぜだか「変化がない」と言われることよりマシなことのように思ってしまう。そして、そのことでハッキリとするのは、ああまだまだ自分は「途中」なんだってことだろう。劇団が30年目でも、歳が歳でも、焦って「いや変われる、次こそ変わる」の真っ最中なんだと思うのですよ、本当、そりゃちょっと申し訳ないけど。楽園王、そんな感じで30周年の年を迎えます。突然ですが、30年生きてきて思うのは、環境が敵だったねぇ。近年、そのことがハッキリしましたねぇ。進化論で知ってたけど、いやぁ環境、すごい襲ってくる。自然淘汰とか、適者生存とか、環境適応なんて言葉がドーンって柱になったって思っています。つまりこれも、変化の話です。進化と言い換えてもいいと思う。そんな中、ある日神様が降りてきて言いました。あっ、また話が換わってごめんなさい。「お前の為の格好良さが必ずある。それは、他の誰の為の格好良さとも似ていない、過去の自分のやり方とも変化した、今の、現在の、自分だけの格好良さ。理解者だって少ないかも知れない。敵は多いでしょう。笑う奴は放っておけ。間違いなく木村拓哉とは違う、でもどうしても俺にはコレだって格好良さ、そんなものがある。ある。それは諦めるな。それを手放すな。忘れたら思い出せ。今からでも作れ。年月が奪った体の自由だって関係ない。今。だって俺だけの、今の俺だけの格好つけ方だぜ。まだ戦い方はきっと残されている。考えろ。」ある日神様が降りてきて、そんなことを言いました。「格好良さ」ってなんだよ(笑)、中身は?って思いますが、まあ、それでも一生懸命頑張ります。神様の助言なんで。あっそれと、それと同時に「お前頑張れ」って思っている。すでに頑張っている人に頑張れは禁句って正論を越えて、「もうちょっとだけ、もうほんのちょっとだけでも、頑張れ」って。すみません、長々と、僕としては同じ一つの話をしてきたつもりで。30年目の楽園王って劇団、あっ、私達は劇団なんですが、どうぞよろしくお願いいたします。楽園王がスタートした時には、ネットも携帯もなく、社会はまだ今より豊かで、今より愚かでもなく、それと、チラシと雑誌だけで無名の劇団に十分お客様が来ました。チケットぴあみたいな電話で予約するシステムすら存在しないんですよ。一度過去に戻って、そこから2021年を想像して「未来!」って叫んでみる。過去の自分に叫んでもらう。未来、どんな社会でも、いい舞台やりますって。何度でも生まれ変われるって思う。そして、未来のお客様、どうか時間をわざわざ作って、ぜひ劇場に足を運んでください。迷路の迷子にはもう慣れましたか? 僕はまだです。さあ、楽園王30周年、変化の年、スタートします。」(楽園王 長堀博士)

楽園王とは?

感染対策前に考えたいこと


別役実『マッチ売りの少女』(延期になりました→9月)

サブテレニアン15周年月間


6月3日(木)―6日(日) @サブテレニアン(大山/板橋区役所前)

楽園王は、1991年に劇作家の長堀博士が自作を自身の手で上演する目的で設立。しかしその後、劇団の大きな節目として、2000年に第1回の利賀演出家コンクールに出場し、別役実『マッチ売りの少女』と出会い、初めて古典戯曲とも呼べる名作を上演することになります。そして、さらに楽園王は、利賀のコンクールに何度も挑戦し(通算8回!)、2度のSPACでの招聘公演など、古典戯曲を多く手掛けるようになり、大きく方向転換をします。優秀演出家賞にも届きました。つまり、今回の公演は、エポックメイキングに再チャレンジする意味の大きな公演になります。オリジナルを上演してきた劇団を、古典戯曲も上演する劇団に変貌させた切っ掛けの作品。また、その時の稽古で得た、自作を演出している時よりも自分の作品を作っているという感覚や、『句読点ずらし』という表現、舞台が左右に分かれているなどの特徴的な舞台構造もその時が最初でした。今回は劇団30周年VSサブテレニアン15周年に際し、記念的な本作を手掛けます。初演時のメンバーも21年ぶりに集まり、それに強力な助っ人も得て、一つのカンパニーにとって大事な作品を上演したいと思います。ぜひぜひご期待ください。



出演

田中新一(東京メザマシ団)、最上桂子、大畑麻衣子(miez miez)、吉成豊、小林なほこ、ほか

日時 6月

 3日(金)20:00
 4日(金)15:00 +20:00
 5日(土)17:00
 6日(日)13:00 +17:00

 *開場は開演の30分前です。
 *1時間10分くらいを予定しています。
 *客席は、座席間を空け限定15席になります。


◎ 新型コロナ対策として、

・ 風邪などの症状がある方の観劇はご遠慮いただいております。劇場に出発する前にはセルフチェックをお願いいたします。
・ 開場時に劇場の前にお並びの際には、ソーシャルディスタンスを意識してくださいますようお願いいたします。
・ 劇場にお入りいただく際には、手の殺菌、マスクの着用をお願いいたします。
・ 受付にて、手の消毒の他、非接触型の体温計にてお熱を測らせていただきます。その際に、37度以上の熱がある方には、お話をお伺いして、観劇をご遠慮していただく場合もございます。

・ 劇場の換気に伴い、寒い時間帯が出る可能性があります。寒暖に合わせて上着の脱ぎ着を想定してお越しください。
・ 舞台と客席の間には、舞台美術としてパーテイションが置かれます。

・ 万が一公演の関係者などから新型コロナの感染者が出た場合には、すみやかにお客様を含む公演関係者全員へ連絡をいたします。もしもの場合に備え、その際に必要になる連絡先の確認を、チケットのご予約の時、もしくは劇場の受付にて取らせていただきます。ご協力をお願いいたします。


料金◎

前売:3,000円 ― 学生2,500円   
当日:3,500円 ― 学生3,000円

ご予約◎

>>ー後日にー

劇場◎サブテレニアン(大山駅/板橋区役所前駅)>>






夏目漱石「夢十夜」

BEYOND2020PROJECT参加公演


【中止→配信のみの発表へ】


*現在の日本国内における、政府の対応の遅れに伴う陽性者数の過剰な増加を理由として、有料での一般の公演を中止といたします。すでにご予約をいただいた方、関心を持っていただいた方には大変申し訳ありません。本作品は、公演予定期間中の劇場を配信の為の撮影の場とし、あらためて『夢十夜』を配信という形で発表させていただきます。配信はYouTubeを利用した無料の配信になります。また、撮影やそれに至る稽古に関しては、現在の状況を踏まえ、十分感染予防に注意して、無理のない形で行いますことをお知らせしておきます。どうぞよろしくお願いいたします。

>>YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UC2kKe0BS4UQGdTbG9r5Urug

>>配信公演公開頁


1月25日(月)―31日(日) @サブテレニアン(大山/板橋区役所前)

「夏目漱石の小説『夢十夜』は1908年(明治41年)の7月25日から8月5日まで、『東京朝日新聞』で連載された“夏の夜の夢”である。
奇妙な物語、変な人々、幻想的な風景の数々は、あの夏、じめじめと風の入らない部屋で暑さにうなされて見た真夏の悪夢にも似て・・・
今回はオリジナルの物語をたくさん加え、「夢」+「夜」それぞれ違うお話を語ります。
2021年1月、新型コロナの感染が広がるリアルな悪夢の最中ですが、もしよろしければ文学の香り漂う小劇場の悪夢へ、ぜひお越しください。感染対策はもちろん、小さくても輝きを放つ金平糖のようなお話を幾つかご用意して、お客様のお越しをお待ちしていります。楽園王30周年の年の最初の公演です。ご検討、どうかよろしくお願いいたします。」




【夢】出演

しんばなつえ、加藤彩(SRF)、宮田みや(さかさまのあさ)

【夜】出演

大畑麻衣子(miez miez)、小林なほこ、吉成豊、仲路末平


★☆ 出演者の紹介ページはこちら。


【夢】日時 1月
  25日(月)20:00
  26日(火)15:00 +19:00
  27日(水)15:00 +19:00
  28日-休演日-
 +
【夜】日時 1月
  29日(金)20:00
  30日(土)15:00 +19:00
  31日(日)12:00 +16:00

料金◎

「夢」「夜」どちらか ¥2800-
「夢」+「夜」両方  ¥5000-
「夢」「夜」どちらか(上演冊子付き) ¥3800-
「夢」+「夜」両方(上演冊子付き)  ¥6000-


ご予約◎

携帯からの予約はこちらをクリック!


劇場◎サブテレニアン(大山駅/板橋区役所前駅)>>



アルベールカミュ『ペスト』

現代劇作家シリーズ11◎アルベールカミュ「ペスト」フェスティバル参加公演


【中止になりました。最終稽古を配信の予定です】

3回目の緊急事態宣言が施行され、「劇作家シリーズ11」が中止になりました。それに伴い、楽園王の公演も中止になっています。昨年の「10」に続いて2年連続です。今年2回目の中止。楽園王は、今回の中止で、2020年1月の『授業』以来、1年以上の有観客公演を行っていないことになります。積極的に公演を行おうとしているカンパニーとしては、大変残念で、悔しい思いもありますが、社会的な大きな出来事、それも、命に係わることですので、社会に貢献するという意味からは意義も感じています。この社会の中の、劇団です。ただ、せめて、この国の牽引者たちがもっと有能なら、今回の中止はなかったかも、とも思いますが、ifの話ですので、それは考えても仕方がない。時間は巻き戻せませんので。ただ、未来、この社会がもっと良くなるために、この出来事が役に立てば、と願っています。

4月30日(金)・5月1日(土) @日暮里d-倉庫

一年前、参加予定だった前回の「現代劇作家シリーズ10」は中止になりました。ですが2021年、フェスも復活し、装いも新たに上演作品も一新されて新テーマにて開催されようとしています。作品は、カミュ『ペスト』。ここで描かれる『ペスト』とは、単に一つの病名ではなく、天災を象徴する出来事。だから、東日本大震災や新型コロナもこれに含まれる側面があります。あるいは、戦争などの人災までもそれに含まれます。楽園王はこのフェスには3年ぶり、通算8回目の参加になります。ところでこの作品、誤解しがちですが、歴史上のペスト流行を描いた小説ではなく、ある時代のある町の架空の出来事として描き、カフカの『変身』などと並ぶ不条理文学の一つとして数えられています。不条理と言えば楽園王(?)、ですので、水を得た魚のように喜々と、この小説世界を泳ぎます。ぜひご期待ください。




出演者◎

しんばなつえ、イトウエリ、鹿島曜、神谷春華、鈴木ゆき、内海司 / 大畑麻衣子

>>出演者紹介!!


日時◎

4月30日(金) 19:00
5月 1日(土) 15:00 +19:00

携帯からの予約はこちらをクリック!




*公演は、1ステを2団体で行います。楽園王の「ペスト」は、ミルズズの「ペスト」との二本立て公演になります。上演順は、事前には決定されません。観劇の際には、ぜひ二本とも楽しんでいただけると幸いです。

料金◎

前売:3,000円 ― 学生2,500円   
当日:3,500円 ― 学生3,000円

*フェスの全作品を観ることが出来る「通し券」もございます。こちらの予約フォームからも購入/ご予約の対応いたします。

ご予約◎

劇団へ> 予約フォーム
しんばなつえ> 予約フォーム
イトウエリ> 予約フォーム
鹿島曜> 予約フォーム
神谷春華> 予約フォーム
鈴木ゆき> 予約フォーム
内海司> 予約フォーム
大畑麻衣子> 予約フォーム


劇場◎日暮里d-倉庫>>現代劇作家シリーズ11・アルベールカミュ「ペスト」フェスティバル




タイトル

楽園王30周公演「祝祭」①


 月○○日―○○日 @

紹介文 

ぜひご期待ください。



出演者◎

日時◎

料金◎

ご予約◎

劇場◎




「脱兎を追う」「キライな人に死ねって言える(仮)」新作二本立て公演

楽園王30周公演「祝祭」②


12月21日(火)―26日(日)

紹介文 

ぜひご期待ください。



出演者◎

日時◎12月
 22日(水) 15時 &19時
 23日(木)eveeve 15時 &19時
 24日(金)eve 18時
 25日(土)Xmas 14時 &18時
 26日(日)after Xmas 12時 &15時

料金◎

ご予約◎

劇場◎日暮里d-倉庫

「 終わっちまったこの国で、それでも芝居つづけなきゃ! 」